一戸建てを分割で払う

新築の一戸建ての多くの購買層は分割(住宅ローン)を組んで家を買うという層が多いでしょう。新築となると数千万~数億という中古とは桁の違う額の取引となり、手元に満額の予算を用意するというのは厳しくなってきます。住宅ローンを組めば、最終的な支払い合計金額は大きくなりますが、住宅ローンが終わっていなくても、早い段階で自分の家を持つことが出来ます。

また、住宅ローンの多くは、繰り上げ返済を採用しています。お金を多く返済し返済期間自体を短くする期間短縮型(毎月の返済金額は変わらず)と、お金を多く返済し毎月の返済金額を減らす返済額軽減型(返済完了の時期は変わらない)があります。この2種の繰り上げ返済もお金に余裕が出たときに返済にあてれば、住宅ローンを軽く、もしくは早く終わらせることが出来ます。

しかし、抵当権により家を担保に設定する場合が多く、支払いが出来なくなった時に家を没収されることがあるので、一戸建てを住宅ローンで買う場合は自身の将来設計をしていないと難しいでしょう。もちろん、住宅ローンを組むときには、審査がありますので、それにまず通らないと住宅ローンは組めません。

一戸建てを分割で買う場合は、将来設計なども含めて、銀行窓口で住宅ローンの担当者や、ファイナンシャルプランナーなどに一度相談してから、考えるのが良いでしょう。住宅ローンを設定する銀行をどこにするかも、銀行によって様々なメリットがある場合があるので、複数の銀行を比べて決めるのが良いです。