現状と将来像で決定を

一戸建てでも、新築住宅か中古住宅かで購買金額が異なります。個人の資産状況などによって、支払い方法は様々です。住宅ローンを組まれる場合は利息が発生しますので、低金利の時期に住宅ローンを組まれて、一戸建てを買うのがお得です。一戸建てがすぐ欲しいからといって性急にならず、時期を見計らって住宅ローンを組み家を購入しましょう。ちなみに、分譲住宅を紹介している【ポラス】では、条件を満たせば通常よりも低い金利で住宅ローンが組める金利優遇というシステムがあります。こちらも検討してみてはいかがでしょうか。

また、一戸建てですと立地条件も絡んできます。本来、一戸建ては移動が出来ませんので、将来を見据え自分がどのように生活をしていくのか、立てる土地や土地の税金、周辺状況などを複合的に自分に適しているのかも重要となります。

中古住宅の場合、何年経っているのか、これから何年もつ家であるのかというのが重要です。せっかく購入しても古い家で耐久年数が短いとメンテナンスなどもかさみ、住みにくくなるでしょう。立地条件が悪い住宅も値段が安めに設定されていることが多いので注意が必要です。

一戸建ての購入というのは大きな買い物です。購入後も様々な生活予備費や税金がかかります。現在の収入と予想できる将来の収入とを照らし合わせて一戸建ての場所や規模を考えましょう。新築住宅か中古住宅か、支払い方法も一括支払いなのか、住宅ローンを組み分割支払いにするか、立地条件など、様々なことが絡んできます。より多くの情報を収集し、購買の計画を立てましょう。